株式会社ハロペは株式会社Zpeerの子会社になります。

平素は弊社システム「ハロペH」をご利用いただき、誠にありがとうございます。

このたび、弊社は伴侶動物(ペット)の臨床に携わる獣医師の約7割が登録する情報サイト「ベットピア」の運営会社・株式会社Zpeer(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤本 裕、以下 ズピア)との間で、弊社の全株式の過半数を譲渡する株式譲渡契約を締結し、ズピアの子会社になることを決定しましたので、お知らせいたします。

<背景と狙い>
近年、あらゆる産業においてデジタル技術導入が進み、動物医療においてもデジタル技術が、動物病院の業務効率化、飼い主の体験・医療の質の向上に貢献できる可能性が期待されています。

こうした現状を踏まえ、ズピアはデジタル技術で日本の動物医療に貢献するため、2021年度ものづくり補助金を獲得し、動物病院向け電子カルテ「aino(アイノ)カルテ」の開発を進めてきました。

一方、弊社には「ハロペH」をご利用中の動物病院様からフル電子カルテ・システムのご要望が多数寄せられており、「ハロペH」に最適化した電子カルテの導入が喫緊の課題でした。

以前より業務を通じて交流を深めていたズピアとの協議を重ねる中で、「ainoカルテ」を「ハロペH」専用の電子カルテ・システムとして動物病院様向けにご提供しようとの合意に達し、併せて資本関係の一本化を図ることとなりました。

aino
https://aino.vet/

<合意の内容>
弊社は2022年7月15日付で、弊社の発行済み株式の過半数をズピアに譲渡する株式譲渡契約を締結しました。

手続き完了後も弊社は主要サービスの運用・サービス提供を継続いたします。「ハロペH」や「ハロペWEBサービス」等につきましては、従来通りのサービスをご提供いたしますので、ご安心ください。

<今後の展開>
ズピア=ハロペでは、2022年9月以降、電子カルテ「ainoカルテ」と顧客・会計管理システム「ハロペH」を基盤とする総合的な動物病院向けデジタルプラットフォーム「aino(アイノ)」のサービス提供開始を予定しています。

「ainoカルテ」は「ハロペH」専用の電子カルテとしてリリースを予定しています。「ハロペH」をご利用中の動物病院様におかれましては、別途「ainoカルテ」にご契約いただくだけでフル電子カルテが実装可能になります(※お申し込みにつきましては後日、ご案内いたします)。

「ainoカルテ」リリース後も、「ハロペH」で紙カルテやEvernoteは引き続きお使いいただけます。「ainoカルテ」は第三の選択肢としてご検討ください。

なお「ainoカルテ」につきましてはご提供料金・サービス開始時期が決まり次第、改めてご案内いたします。

引き続き「ハロペH」「ハロペWEBサービス」をご愛顧くださいますようお願い申し上げます。